こんな内装状態は雨漏りしている!早めの対応をしよう!

雨漏りは、室内にチタチタ水が
垂れてからが雨漏りではありません。

目に見える内装にばかり目が行きがちですが、
たまには外側にも目を向けましょう。
しかし、素人では雨漏りの原因と場所を突き止めるのは
難しいですので、専門の業者に点検してもらうのがよいでしょう。
業者さんにも色々な種類があり、工務店や大工さんよりも
防水の専門業者を探すのがポイントです。
私はが探すときには、「防水工事 名古屋」の様に
住んでいる地域を一緒に検索ます。
そうすることにより、近隣の業者が探せます。
業者を選ぶ際は、価格だけではなく、トータルに見て
金額と工事内容のバランスが良い業者を選びましょう。

内装の様々な部分の変化により、
雨漏りを発見する事が出来ます。

以下の状態が見受けられたら、
かなり雨漏りが進行していると言えますので、危険です。

・室内がカビ臭い
室内全体がカビ臭い場合は、
明らかに雨漏りが発生している証拠となります。
室内のどの部分がカビ臭い感じが強いのかを
たどっていくと、どこから雨漏りが発生しているのか
解る場合があります。

・天井にシミ
天井にシミが付いている場合は、
屋根か外壁より雨漏りが起きている証拠です。

・天井の壁紙が剥がれている
雨水が侵入していると、壁紙の粘着性が
低くなってしまい壁紙が剥がれる事があります。
天井の壁紙が剥がれている場合は、
雨漏りの恐れがあります。

・壁にシミや濡れ
天井との取り合い部分やサッシ周りの内壁が
濡れていたりシミが付いている場合は、
屋根か外壁より雨漏りが起きている証拠です。
酷い場合は、壁に触れるとジワっと水が
出てくる事があります。
雨の日に気にしてチェックしてみると、
どのような方向から雨漏りが来ているのか解る場合があります。

・床のシミや濡れ
床が濡れているのは、生活上で濡れてしまっている事もあります。
しかし、外壁からの雨漏りが壁を使って床まで降りて、
床と巾木の取り合いに雨漏りを発生させてしまう事があります。

このように、内装材の不具合を確認したり臭いにより、
雨漏りの発生を掴む事が出来ます。
不具合が見受けられたら見ないふりをせず、
一刻も早く業者に相談をしてみましょう。

雨漏りを起こしているのに、
放っておく事は絶対に良くありません。

内装材に雨漏りが出ているという事は、
雨漏りを起こしている部分から伝って部屋の中に
雨漏りの跡を出しています。

天井材にシミ等が出ている場合は、
天井裏はカビだらけになっています。

内壁に不具合が起きている場合は、
内壁の中はカビだらけです。
天井や内壁の中には断熱材が充填されており、
水分が含んでしまった断熱材は効力がゼロになってしまい、
断熱が効いていない建物になってしまいます。

また、家の中がカビだらけになってしまい、
カビの成分を常に吸う生活にもなってしまいます。
健康被害にも強く栄養してしまい、
アレルギーや病気にもつなげてしまいます。

酷くなると建物の構造材にも影響をしてしまい、
建物の耐久性が落ちてしまい家が腐ってしまいます。
木造住宅の場合は、深刻な問題へと発展してしまいますので、危険です。

雨漏りを放っておくと、重大な状態へと発展してしまいます。
最悪の場合は、建物自体を建て替えなくてはならなくなってしまいます。
そんな厄介な状態になってしまう前に、
雨漏り状態を修繕するようにしましょう。
早めの対処で安価で済みますので、
おかしいなと思ったら適切な補修を行うようにしましょう。

壁紙リフォームの流れを把握しよう

壁紙をリフォームする際、どのように壁紙を
張り替えるのかご存じですか?

壁紙屋さんにお任せしている、
と思っているようではいけません。

お客様の方でもしっかり把握する事で、
手抜き等の不具合を防ぐ事も可能となります。

壁紙のリフォームは新規で貼るよりも手間がかかる
大変な作業ですので、どのように行うのか目を向けてみましょう。

・リフォーム前の下準備
壁紙を貼る場所の家具の移動等を行います。
通常お客様が行う事なのですが、
最近のお客様は業者に任せっきりで
家具の移動も行ってくれないパターンが非常に多いです。

家具の移動位はお客様の方で行っておくと、
その分の手間が省けてリフォームが快適になります。

リフォームの場合は、壁紙屋さんは1人の
スタッフで伺う事があるので、
1人で動かせる家具には限界があります。
あまりにも移動する家具や荷物の量が多い場合は、
別途費用として請求される場合があります。
また、壁紙を貼る際に他の部分が汚れないよう、
養生を行います。

・既存壁紙剥がし
既存の壁紙を、剥がします。
この時、既存壁紙の裏打ちという部分を残し、
綺麗に剥がさなくてはいけません。
裏打ちを残す事で、次の壁紙貼りの為の
下地を綺麗に作る事が出来ます。
既存の壁紙の素材によっては裏打ちが残らない場合があり、
その場合は下地のボード自体も張替えなければいけなくなる場合があります。

また、既存の壁紙の状態によっては、
剥がさずにそのまま上から新規の壁紙を貼る場合もあります。
これらの判断は、壁紙屋さんの熟練の知識により判断されます。

・下地補修
既存壁紙を剥がしたら、ジョイントテープや
パテを用いて下地調整を行います。
この時点で以下に手を加えるかにより、
壁紙の仕上がりが決まります。

・新規壁紙貼り
新しい壁紙を、貼ります。
専用の機械により壁紙に糊付けするのですが、
リフォームする範囲が少ない場合は、
事前の糊付けをして持参する場合もあります。
ローラーで丁寧に抑え、空気が入らないように密着して貼ります。
ジョイント部分にはボンドコークを用いて、目立たなくさせます。

・後片付け清掃
壁紙貼り完了後、綺麗にお掃除をします。
この際、移動した家具などを元通りにします。

・お客様の確認
清掃が終わった後、お客様に立ち会ってもらい
新規の壁紙の状態をチェックしてもらいます。

この際気になる部分がありましたら、
遠慮なく壁紙屋さんに問い合わせてみると良いでしょう。

これで、完成となります。
壁紙の張替えは、ただ剥がして貼る位にしか
思えないかもしれませんが、こんなに工程があります。

しかも、こんなに手間を掛けて新しく貼り換えるのに、
下地が良くないという事で平らに張れない場合もあります。

これは、古い下地による影響なので、避けられない事と言えます。
古い下地に新規の壁紙を貼るので、ある程度の妥協も必要となります。

リフォームで壁紙を貼り換える場合に失敗しない為には、
厚手の壁紙を選びましょう。

薄い壁紙ですと、既存壁の下地が透けたり凹凸が出てしまうので、
仕上がりが悪くなってしまいます。

壁紙を見本帳から選ぶ際、壁紙を手で直接触ると
厚みの違いがよく解ると思います。
気になる壁紙は、1つ1つ手で厚みを確認し、
厚手の物を採用しましょう。

リフォームで壁紙を貼った場合は、
どうしても空気が入りやすくなったり凹凸が出やすい性質があります。

壁紙は、貼って1年はメンテナンスをしてもらえるので、
気軽に補修をしてもらいましょう。
しかし、それ以上経った場合はメンテナンス外になってしまいます。

新築ではないので不具合に対応するのは限界がありますので、
1年以内にお願いするようにしましょう。

床は木目だけじゃない!石目調の床にも注目してみよう!

室内の床と言えば、フローリング等の
木目調が1番に頭に浮かぶと思います。

注目してほしいのが、石目調の床です。

石目調にすると、高級感が出て物凄く
オシャレな床に変身します。

床のリフォームを考えている場合は、
木目にするのではなく石目調も検討してみませんか。
一気に、空間の雰囲気が変わりますよ。

石目調に出来る床材は、以下の材料が挙げられます。

・クッションフロア
水廻り等の使う床材としてお馴染みですが、
石目調のモダンな模様がいっぱいあります。
クッション性があるので足触りが良いのも、
非常に評価を受けています。

・Pタイル
Pタイルは無機質に思える方も居ると思いますが、
石目の柄の物を使うと非常にモダンな室内に変身します。
スリッパを履いて室内で過ごすお宅には、
素材が強いPタイルがオススメです。

・フロアタイル
文字通り素材はタイルですが、その下に床暖を配置する等、
とても支持されている床材です。
安価な材料ではないので、一部分に使ったり等、
アクセントを付ける材料としても非常に支持されております。
フロアタイルは材料が非常に薄いので、
簡単にカット出来て扱いやすい材料です。
その為、DIYでも簡単に扱える等、
素人さんにも使いやすい材料です。
外国の建物の床のような、モダンでオシャレな
空間を演出してくれます。

このように、材料の種類だけでも3種類があげられます。
どれも素材が薄いので、リフォームが簡単に
出来るメリットがあります。

石目調の床にリフォームをした場合、
巾木にもこだわりましょう。

通常、フローリングの巾木は見た目が木目調の物が大半なので、
巾木も石目調に変えてみましょう。
石目調の巾木というのは無いに等しいので、
使った石目調の建材を100㎜程度に切断して、
巾木代わりに張ります。

床と一体感が出て、とてもオシャレに変身します。
同じ色じゃなくても、少し色合いや風合いを変えると、
更なるアクセントとなってカッコいい床を演出してくれます。

石目調の床となると、ヒヤッとした冷たさを想像
されるかもしれません。
冷たさが気になる方は、ホワイト~アイボリー系のカラーの
石目調を選ぶと暖かい雰囲気を発揮させる事が出来ます。

また、石目調の床にカーペットなどを敷くと、
とても高級感が出てヒヤッとした冷たさを
感じさせない床にする事が出来ます。

最近はフローリングにも色んな柄や種類が出てきましたが、
やはり木目という事でどれも似たような雰囲気に見せてしまいます。

石目調にする事で個性的な床になるので、
他のお宅と違う空間を作ってみたい方にとてもオススメです。

床がぶわぶわした場合は雨漏りが起きている証拠

築年数が経った建物は、床の不具合が
起きてくる事がよくあります。

室内を歩行した際にぶわぶわと床が動く場合は、
床下が腐蝕している証拠です。

放っておくと、どんどん症状が酷くなり、
最終的には床が落ちてしまう事に発展しかねません。

この際、床の仕上げ材のみを交換しても、
床のぶわぶわは全く解決しません。

床がぶわぶわしはじめたら、床下が腐っている証拠です。
雨漏りにより床構造材等の雨水が回っていると断定できるので、
床材だけじゃなく不具合が起きている部分の
全てを取り除いてやり直しを行わなければなりません。

まず、床がぶわぶわしている床仕上げ材と
その下の下地合板を取り除き、床下の状態を確認します。

床がぶわぶわしている時点で床下構造材は間違いなく腐蝕しているので、
床根太、根太受け、大引き、土台など全てを点検し、
色が変わっていたり状態が変わっている部分は全て取り除き、
新しく組み立てて床をふさぐのが鉄則です。

この際、床の構造材の全てに防腐剤処理をし、
腐食が起きないよう徹底しましょう。
オスモグリンやキシラモン等、最低でも
2度塗り、3度塗りがオススメです。

また、床仕上げ材の下地板は、
防水コンパネを使う事をオススメします。

水にとても強い性質がありますので、
腐食しにくい床にする事が出来ます。

タイプ1(T-1)という刻印が押されている物ですので、
材料納入の際はチェックしてみましょう。

床のぶわぶわ状態が部屋の一部に起きている場合でも、
床仕上げ材全体が寿命を迎えている場合が大半なので、
一部の床の不具合であっても全ての床の仕上げ材を張り替えましょう。
その部屋の床全体が新しくなるので、一気に快適な床に変化します。
その場合、巾木も一緒に取り換えると良いでしょう。

築年数が経っているお宅は、
スライド巾木にするととても快適になります。

床のぶわぶわが起きているという事は、
雨漏りが発生しているお宅という事になります。

この場合、外壁からの雨漏りが1番に考えられます。

外壁の窓廻り、コーキング等をチェックし、
補修をきちんと行いましょう。
雨漏りの補修がきちんと行わなければ、
数年後また同じ状態になってしまいます。
建物内の湿気度合いも進んでしまい、
建物全体の寿命に大きく関わってくるので、危険です。

床がぶわぶわしたのは雨漏りを教えてもらったサインと思うようにし、
確実な補修を行って雨漏りをシャットアウトしましょう。

フローリングに傷が出来た場合の対処法 その2

自分で出来る対処法は前回書きました。
今回は業者に頼む場合です。
フローリングの傷が全体に酷い場合は、
業者に頼んで補修をしてもらうことをお勧めます。

・塗装屋さんに傷補修を行ってもらう
傷部分を塗装にてタッチアップし、
床全体を綺麗に塗装して仕上げます。
その部屋の床全体が綺麗になるので、
フローリングを張り替えていないのに、
まるで新しい床にしたかのような綺麗さに早変わりします。

・傷みが酷い部分を張り替える
傷みが酷い床部分を、一部張り替える方法です。
フローリングは、さねという重ね継手により張り進めるので、
一部分のみを張り替える事は困難です。
その為、張り替えたい部分以降に張り進めたフローリングに全てを取り外し、
張り替えたい部分を新規のフローリングに張り替えて、
他のフローリングを復旧させる方法となります。
手間が意外とかかるので、想像以上に費用がかかります。

・床を張り替える
傷の範囲や状態が酷い場合は、
フローリングごと新しい物に張り替えます。
部屋の床全体が新しくなるので、オススメです。

また、近年出てきた素晴らしい床のメンテナンス材で
オススメなのが、フロアコートです。

フロアコートはワックスに似ているとも言われますが、
1番違うのは耐久性です。
半年ほどで効力が無くなるワックス材とは違い、
フロアコート剤は最低でも10年は持つと言われています。
ワックスよりも効果が高く、傷や摩耗に強いのが大きなメリットです。

また、水や熱にも強く、汚れが付き難いので、
お手入れが非常に楽になります。
1番素晴らしいのが、紫外線カット効果がある事です。
フローリングが紫外線に焼けるのを防ぐ事が出来るので、
床材の寿命を高める事が出来ます。

フロアコーティングは専門業者に行ってもらわなければならなく、
DIYでは無理です。
施工費の目安は1帖当たり5,000円程度であり、
一般的なお宅であれば1日で終わらせる事が出来ます。
その他、既存の床汚れ清掃費等を別途に請求される場合があります。

安価ではないので、値引き等のキャンペーンを行っている時に
施工をお願いすると良いでしょう。

フロアコーティングは、古い床をよみがえらせ
綺麗にする事が可能ですので、リフォームの時に
施工される事をオススメします。

材料によっては、今後のメンテナンスフリーに
繋げる事も可能ですので、非常に便利です。

フローリングは、10年程でどんどん劣化してしまいます。
1つの区切りとして、メンテナンスを行って
床を綺麗にしてみましょう。

メンテナンスを怠っていると床がどんどん劣化するので、
建物が傷んでいき良くありません。
フローリングの劣化が建物の劣化に大きく繋がるので、
こまめなメンテナンスを行いましょう。

フローリングに傷が出来た場合の対処法

フローリングは使い続けていると、
どうしても傷を付けてしまいます。

傷防止のフローリングにさえも、
細かい傷は出来てしまいますので、
経年劣化による傷は避けられません。

このような傷は、お客様のメンテナンスで
目立たなくする事が出来ます。

以下の様な方法がありますので、
是非参考になさってください。

・フロアクレヨン
フローリングの傷を補修する、専用のクレヨンがあります。
傷が出来た部分に、上から着色するだけです。
塗った方に言わせると目に付くと言いますが、
他の方の目線には入りにくいので、
目立たなくさせる事が出来ます。
10色程度のカラーバリエーションがセットになって、
1,000円程でホームセンター等においてあります。

・ワックス
ワックスを掛ける事で、細かい傷が目立たなくなります。
家庭用の、どなたでも使えるワックスでOKです。
最低でも、半年に1回はかけるようにしましょう。

・フロアクレヨンとワックスの併用
フロアクレヨンは単体では床に馴染みにくいので、
フロアクレヨンで修正した後にワックスを掛けると綺麗に馴染みます。

・カラーワックス
フローリングの傷が酷い場合は、
色が入っているカラーワックスがオススメです。
従来のワックスにブラウン系の色素が入っているワックスであり、
傷に色が浸透するので傷が綺麗に目立たなくなります。
ネット等で扱っておりますので、フローリングの色に
合わせて選ぶと良いでしょう。
自信がない方は、業者に頼んでカラーワックスを
掛けてもらう事をオススメします。

お客様でも、このような4つの方法でフローリングの
細かい傷を目立たなくさせる事が可能です。

また、フローリングの傷が全体に酷い場合は、
業者に頼んで補修をしてもらいましょう。

赤ちゃんが居るお宅の床材はクッションフロアが適している

赤ちゃんが居るお宅は、赤ちゃんに対して
とても気を使って過ごされている方が多いと思います。
赤ちゃんが快適に過ごす上で気を使うのは、
床の状態ではないでしょうか。

赤ちゃんは、床に近い位置にいる事が多いので、
近くにある床の状態はとても重要です。
どのような床材が赤ちゃんに適しているのか、
それはクッションフロアです。

適している1番の理由は、素材が軟らかい事です。

赤ちゃんは、這いつくばったりフラフラ歩くので、
転倒したり等起きてしまう事がよくあります。

フローリングですと堅いので、転倒した場合
大きな衝撃が赤ちゃんにかかってしまいます。

クッションフロアは文字通りクッション性があり、
中に緩化材が入っているので衝撃を吸収してくれます。

フローリングの半分程度の衝撃に抑える事が出来るので、
ママも安心です。
更に、赤ちゃんは素足で歩行する事が大半なので、
足触りの良いクッションフロアはとても適していると言えます。

もう1つのオススメ理由は、クッションフロアは
汚れに強いという事です。

赤ちゃんは口から物を落としたり汚したり等、
かなりの頻度で床に汚れを付着させてしまいます。

あまりにも水分がかかる頻度が多くなると、フ
ローリングが劣化してしまい、
ダメになってしまう事があります。

クッションフロアは表面が塩ビ素材ですので、
ただ拭き取るだけで綺麗になります。

水に強いという事で、綺麗に拭いて衛生さを
保つ事が出来るのも大きな利点です。

赤ちゃんには清潔で綺麗な場所で居てほしいので、
常に綺麗にしたいものです。

フローリングではバイキンや汚れが沁みやすいので、
衛生さを保つ事は難しいと言えます。

クッションフロアといえば、フローリングのような
豪華さを感じる事が出来ないから、
と嫌がる方も多くいらっしゃいます。

今のクッションフロアは模様がとても豊富で、
フローリングと遜色ない床に仕上げる事が出来ます。

更に、クッションフロアの上にカーペットを敷く事で、
より床のクッション性を高める事が出来ますので、
小さい赤ちゃんが居るお宅にはとてもオススメです。

クッションフロアはリフォームもしやすい材料ですので、
いざフローリング等に変えたい場合でも
簡単に工事を行う事が出来ます。

床に柔軟性や使いやすさを追求するには欠かせない床材ですので、
是非選択の検討に入れてみましょう。