赤ちゃんが居るお宅の床材はクッションフロアが適している

赤ちゃんが居るお宅は、赤ちゃんに対して
とても気を使って過ごされている方が多いと思います。
赤ちゃんが快適に過ごす上で気を使うのは、
床の状態ではないでしょうか。

赤ちゃんは、床に近い位置にいる事が多いので、
近くにある床の状態はとても重要です。
どのような床材が赤ちゃんに適しているのか、
それはクッションフロアです。

適している1番の理由は、素材が軟らかい事です。

赤ちゃんは、這いつくばったりフラフラ歩くので、
転倒したり等起きてしまう事がよくあります。

フローリングですと堅いので、転倒した場合
大きな衝撃が赤ちゃんにかかってしまいます。

クッションフロアは文字通りクッション性があり、
中に緩化材が入っているので衝撃を吸収してくれます。

フローリングの半分程度の衝撃に抑える事が出来るので、
ママも安心です。
更に、赤ちゃんは素足で歩行する事が大半なので、
足触りの良いクッションフロアはとても適していると言えます。

もう1つのオススメ理由は、クッションフロアは
汚れに強いという事です。

赤ちゃんは口から物を落としたり汚したり等、
かなりの頻度で床に汚れを付着させてしまいます。

あまりにも水分がかかる頻度が多くなると、フ
ローリングが劣化してしまい、
ダメになってしまう事があります。

クッションフロアは表面が塩ビ素材ですので、
ただ拭き取るだけで綺麗になります。

水に強いという事で、綺麗に拭いて衛生さを
保つ事が出来るのも大きな利点です。

赤ちゃんには清潔で綺麗な場所で居てほしいので、
常に綺麗にしたいものです。

フローリングではバイキンや汚れが沁みやすいので、
衛生さを保つ事は難しいと言えます。

クッションフロアといえば、フローリングのような
豪華さを感じる事が出来ないから、
と嫌がる方も多くいらっしゃいます。

今のクッションフロアは模様がとても豊富で、
フローリングと遜色ない床に仕上げる事が出来ます。

更に、クッションフロアの上にカーペットを敷く事で、
より床のクッション性を高める事が出来ますので、
小さい赤ちゃんが居るお宅にはとてもオススメです。

クッションフロアはリフォームもしやすい材料ですので、
いざフローリング等に変えたい場合でも
簡単に工事を行う事が出来ます。

床に柔軟性や使いやすさを追求するには欠かせない床材ですので、
是非選択の検討に入れてみましょう。