床がぶわぶわした場合は雨漏りが起きている証拠

築年数が経った建物は、床の不具合が
起きてくる事がよくあります。

室内を歩行した際にぶわぶわと床が動く場合は、
床下が腐蝕している証拠です。

放っておくと、どんどん症状が酷くなり、
最終的には床が落ちてしまう事に発展しかねません。

この際、床の仕上げ材のみを交換しても、
床のぶわぶわは全く解決しません。

床がぶわぶわしはじめたら、床下が腐っている証拠です。
雨漏りにより床構造材等の雨水が回っていると断定できるので、
床材だけじゃなく不具合が起きている部分の
全てを取り除いてやり直しを行わなければなりません。

まず、床がぶわぶわしている床仕上げ材と
その下の下地合板を取り除き、床下の状態を確認します。

床がぶわぶわしている時点で床下構造材は間違いなく腐蝕しているので、
床根太、根太受け、大引き、土台など全てを点検し、
色が変わっていたり状態が変わっている部分は全て取り除き、
新しく組み立てて床をふさぐのが鉄則です。

この際、床の構造材の全てに防腐剤処理をし、
腐食が起きないよう徹底しましょう。
オスモグリンやキシラモン等、最低でも
2度塗り、3度塗りがオススメです。

また、床仕上げ材の下地板は、
防水コンパネを使う事をオススメします。

水にとても強い性質がありますので、
腐食しにくい床にする事が出来ます。

タイプ1(T-1)という刻印が押されている物ですので、
材料納入の際はチェックしてみましょう。

床のぶわぶわ状態が部屋の一部に起きている場合でも、
床仕上げ材全体が寿命を迎えている場合が大半なので、
一部の床の不具合であっても全ての床の仕上げ材を張り替えましょう。
その部屋の床全体が新しくなるので、一気に快適な床に変化します。
その場合、巾木も一緒に取り換えると良いでしょう。

築年数が経っているお宅は、
スライド巾木にするととても快適になります。

床のぶわぶわが起きているという事は、
雨漏りが発生しているお宅という事になります。

この場合、外壁からの雨漏りが1番に考えられます。

外壁の窓廻り、コーキング等をチェックし、
補修をきちんと行いましょう。
雨漏りの補修がきちんと行わなければ、
数年後また同じ状態になってしまいます。
建物内の湿気度合いも進んでしまい、
建物全体の寿命に大きく関わってくるので、危険です。

床がぶわぶわしたのは雨漏りを教えてもらったサインと思うようにし、
確実な補修を行って雨漏りをシャットアウトしましょう。