床は木目だけじゃない!石目調の床にも注目してみよう!

室内の床と言えば、フローリング等の
木目調が1番に頭に浮かぶと思います。

注目してほしいのが、石目調の床です。

石目調にすると、高級感が出て物凄く
オシャレな床に変身します。

床のリフォームを考えている場合は、
木目にするのではなく石目調も検討してみませんか。
一気に、空間の雰囲気が変わりますよ。

石目調に出来る床材は、以下の材料が挙げられます。

・クッションフロア
水廻り等の使う床材としてお馴染みですが、
石目調のモダンな模様がいっぱいあります。
クッション性があるので足触りが良いのも、
非常に評価を受けています。

・Pタイル
Pタイルは無機質に思える方も居ると思いますが、
石目の柄の物を使うと非常にモダンな室内に変身します。
スリッパを履いて室内で過ごすお宅には、
素材が強いPタイルがオススメです。

・フロアタイル
文字通り素材はタイルですが、その下に床暖を配置する等、
とても支持されている床材です。
安価な材料ではないので、一部分に使ったり等、
アクセントを付ける材料としても非常に支持されております。
フロアタイルは材料が非常に薄いので、
簡単にカット出来て扱いやすい材料です。
その為、DIYでも簡単に扱える等、
素人さんにも使いやすい材料です。
外国の建物の床のような、モダンでオシャレな
空間を演出してくれます。

このように、材料の種類だけでも3種類があげられます。
どれも素材が薄いので、リフォームが簡単に
出来るメリットがあります。

石目調の床にリフォームをした場合、
巾木にもこだわりましょう。

通常、フローリングの巾木は見た目が木目調の物が大半なので、
巾木も石目調に変えてみましょう。
石目調の巾木というのは無いに等しいので、
使った石目調の建材を100㎜程度に切断して、
巾木代わりに張ります。

床と一体感が出て、とてもオシャレに変身します。
同じ色じゃなくても、少し色合いや風合いを変えると、
更なるアクセントとなってカッコいい床を演出してくれます。

石目調の床となると、ヒヤッとした冷たさを想像
されるかもしれません。
冷たさが気になる方は、ホワイト~アイボリー系のカラーの
石目調を選ぶと暖かい雰囲気を発揮させる事が出来ます。

また、石目調の床にカーペットなどを敷くと、
とても高級感が出てヒヤッとした冷たさを
感じさせない床にする事が出来ます。

最近はフローリングにも色んな柄や種類が出てきましたが、
やはり木目という事でどれも似たような雰囲気に見せてしまいます。

石目調にする事で個性的な床になるので、
他のお宅と違う空間を作ってみたい方にとてもオススメです。