リビングに採用してほしい壁紙

リビングといえば、家族が集まる空間であり、
お客様も集まる空間です。

不特定多数の人が集まる空間ですので、
居心地の良さと機能がとても大事となります。
リビングの機能に合わせた壁紙を選び、
快適な空間を作りましょう。

大勢集まるリビングは、壁紙が汚れやすい空間でもあります。
子供が汚したり、旦那さんがタバコを吸ったり、
続いているキッチンからの調理の汚れ、
ペットを飼っているお宅ではペットの汚れなど、汚れやすい環境です。

リビングを綺麗に快適に保つ為には、汚れに強い壁紙がオススメです。
汚れ防止というか壁紙がありますので、そちらをオススメします。

また、人が多く滞在する空間ですので、湿気にも注目しましょう。
吸放湿機能という壁紙があり、
湿度調整を行ってくれるのでオススメです。
また、臭いが気になる場合は、
消臭機能付きの壁紙もオススメします。

アレルギーをお持ちのお子さんも多くなった中、
ホルムアルデヒドを発生させない壁紙もあります。

建材から出るホルムアルデヒドの濃度を弱めてくれる
素晴らしい効果を発揮してくれるので、
アレルギーを持っているお子さんが居るご家庭にオススメです。

このように、家族の性質等を考えて、
適した昨日の壁紙を選定して使ってみましょう。
想像以上に効果を発揮してくれるので、
とてもオススメです。

このような機能性壁紙は、一般的な壁紙の
1000番クラスの見本帳に乗っています。

壁紙の見本帳の横に必ず記載しているので、
細かくチェックしてみましょう。

価格も一般的な壁紙と変わりませんので、
どなたでも選ぶ事が出来ます。

また、空気は上に上がる性質がありますので、
天井にも同じ機能的壁紙を使う事をオススメします。

わざわざ違う壁紙を天井に張らなくても、
同じ壁紙を共張りで天井に張る事で
一体化が出るので、オススメです。

リビングに使う壁紙の色合いでオススメなのが、
アイボリー系です。

ホワイト系は清潔さを引き出しますが、
真っ白にしてしまうと寒い感じと殺伐感を引き出してしまいます。

薄っすら色が付いたアイボリー系にすると、
清潔感と暖かみを感じる事が出来ます。

視覚効果は大きくなると薄い色に見せてしまうので、
選ぶ際は自分の想像より少し濃い目のカラーの
アイボリー系を選ぶと良いでしょう。

淡いカラーは空間を広く見せる事も出来るので、
更なる快適空間を作る事が出来ます。

柄物は狭さを出してしまうので、どうしても使いたい場合は
アクセントクロスにすると良いでしょう。

このような色のコーディネートは想像よりも難しいので、
自信がない方は業者にご相談をしてみると良いでしょう。

カラーバリエーションのベースを提案してくれるので、
決めやすくなります。

リビング等の不特定多数が過ごす空間は、
1個人の好みだけでインテリアを作ってしまうと
失敗してしまう事がよくあります。

家族全員の事を考えて、どのような雰囲気や機能がいいのかを、
じっくり考えて決めましょう。