マンションの内装は何故ビニールクロスが多いのか

マンションの内壁や天井は、ほとんどが
ビニールクロスを内装仕上げに使っている
パターンが非常に多いです。

何故、マンションの内壁や天井には
ビニールクロスが多いのでしょうか。

その理由は、マンションならでは
特性に適した材料だからです。

マンションに合う理由を、まとめてみました。

・内装制限に最適な材料
マンションが建っている立地条件は、
内装制限がかかっている場合があります。
一定規模以上の大きさのマンションになると、
かかってしまう規制です。
内装制限とは建築基準法による規制であり、
内壁や天井の材料を燃えにくい材料にしないと
いけないという規制です。

・容易な張替えが可能
ビニールクロスは防火性能がある物があり、
入居者が変わる事で張替えも容易ですので
採用される事が多い内装材です。

マンションのリフォームやリノベーションに、
よく使われる材料です。
リフォームやリノベーションの際も、ビニールクロスは
施工性が高いので、工事日数があまりかからないので、
すぐに完成させる事が出来るので非常に便利です。

・入居者に合わせたデザインを簡単に作る事が出来る
また、マンションは入居者が変わるので、
その人に合わせた内装デザインを作る事が重要となります。
ビニールクロスは大変種類が豊富ですので、
どんな借り手であっても満足のいく内壁や天井の
デザインにする事が出来ます。

・費用が安価
費用も、他の材料と比べても安価に抑える事が出来るので、
不特定多数が利用するマンションには広く定着するようになりました。

・マンションの雨漏りの際に補修が簡単
マンションは、一般の住宅と比べると雨漏りが起きやすい建物です。
万が一雨漏りが起きてしまった場合に、
内壁や天井にシミが出来る場合があり、
補修をしなければなりません。
ビニールクロスでしたら簡単に補修が可能で、
補修費も安価に済ませる事が出来ます。

最近のマンションでは、一般的な戸建ての様に
アクセントクロスで個性を出すお宅が増えました。

アクセントクロスは、内壁4面のうち1面や2面を全く違う
クロスを張る事で、内壁にアクセントを付けて個性的な内壁にする方法です。

マンションは個性を表す事がなかなか出来ませんでしたが、
アクセントクロス普及により、マンションの内装にも個性を
引き出す事が出来るようになりました。

ビニールクロスといえば、材料や接着剤の健康性が気になると思います。
ビニールクロスも接着剤も下地のパテ等も全て、F☆☆☆☆です。
健康被害に該当する程のVOCは含まれていませんので、
安心して使う事が出来ます。

様々なリフォームやリノベーションが快適に出来る材料ビニールクロスは、
出入りが多く様々な困難が起きやすいマンションに、非常に適した材料です。

種類もとても豊富ですので、様々なパターンの内装の
雰囲気をビニールクロスで作ってみましょう。