快適なキッチンへと導くリフォームポイント その1

台所はどうしても汚れやすい空間であり、
ある程度の年数が経つとリフォームが必要となる空間です。
キッチンをリフォームするといっても、
具体的にどのような部分に目を向けて
リフォームを行えばよいのかわからない方も多いと思います。
ただキッチンを入れ替えてシステムキッチンにするもの良いですが、
せっかくキッチンをリフォームするのであれば
便利で快適な空間を作りたいものです。
そこで、キッチンをリフォームする際に
目を向けて欲しいポイントを、ご紹介致します。

●流し台セットよりもシステムキッチンの方がオススメ
流し台は、流し台セットとシステムキッチンの2つの種類があります。
昔ながらの流し台セットはお安く取り替える事が出来ますが、
システムキッチンと比べると汚れやすく衛生的ではありません。
システムキッチンは天板が1枚ものになっておりますが、
1枚ものになっている事で見た目も良く
清潔感も高いのが大きな特徴となります。
安価なシステムキッチンであれば、
流し台セットと費用の差があまり無い場合もございます。
ほんの少ししか費用に差が無いのであれば、
システムキッチンの方が断然お得です。

●キッチンは中身がステンレスの物が丈夫
システムキッチンは色んなメーカーから
色んな種類が販売されておりますが、それぞれ中身が違います。
キッチンの中身でオススメなのが、
中身がステンレスのシステムキッチンです。
キッチンの中身は大きく分けると、
木製とステンレスの2つの種類がございます。
安価なキッチンは中身が木製ですが、
木製の場合湿気に弱く臭いもこびりつきやすいのが難点です。
腐食しやすい素材ですので、少し高価でも
ステンレスを選ぶ事をオススメします。

●流し台の高さは種類がある
流し台の高さは1種類しかないと思っている方も多いようですが、
メーカーにより様々な種類がございます。
現代の方々は背の高さがマチマチな部分に目を付け、
メーカーによっては3種類の流し台の高さがある場合もございます。
流し台の高さを聞いてもピンとこない場合は、
メーカーのショールームで実際に流し台の高さを体験するとわかりやすいです。
キッチンの高さの目安は、使う方の身長÷2+5cmというのが基本となります。
使われる方の身長が160cmの場合、160÷2+5cm=85cmとなります。

●様々なシンク機能
現代のシステムキッチンには、
様々なシンクの機能がございます。
今までのシンクには無かった快適さがございますので、
是非検討してみましょう。

・サイレントシンクでシンクでの作業音が気にならない
シンクの水跳ねは結構な騒音であり、
リビングにも響いてしまう程の大きな音を
発生させてしまう事があります。
各キッチンメーカーにはサイレントシンク機能を採用している
メーカーも多く、シンクの内側に防音機能を搭載する事で
水跳ね音を軽減へと導きます。

・理想なシンクの大きさを採用しよう
シンクの大きさは様々ありますので、
シンクの大きさをチェックしてみるようにしましょう。
幅だけではなく奥行きがあるシンクもあり、
特大お鍋等も簡単に扱う事が出来るシンクもございます。

・流れやすいシンクで清潔感をキープ
シンクに独特の角度を設けて排水口に流れやすくし、
流れ残しを発しないシンクが各メーカーから出ております。

・機能性な蛇口で使いやすいシンクに
蛇口の先がシャワー機能になっている蛇口や、
浄水器機能が付いている蛇口など、
様々な機能性蛇口がございます。

●使いやすい高さの天袋
天袋は3種類程の高さがあり、使いやすさと
取り付ける空間の大きさにより選ぶ事が出来ます。
手が届く高さに設置すると、快適に天袋を活用する事が出来ます。

●キッチンパネルの採用
システムキッチンの正面には、キッチンパネルを
採用する事をオススメします。
継ぎ目が目立ちにくい専用のパネルであり、
サッと拭くだけで綺麗になりますので、とても便利です。
多くのメーカーからキッチンパネルは出ており、柄や色も豊富に出ております。
普及されるようになったので、費用もお安くなりました。
タイルは目地に汚れが溜まってしまいますので、
清潔感が無くなってしまいますのでオススメ出来ません。
どうしてもタイルを採用したい場合は、
目地を白目地ではなく黒目地にする事をオススメします。
しかし、黒目地にしても汚れが溜まる事には変わり有りませんので、
清潔感をキープさせる事は出来ません。