茶色いシミがある場合は雨漏りの証拠

お部屋の上部をふと見上げると、
茶色いシミを見受ける事があります。
茶色いシミは、汚れが付いたものだと見過ごしていませんか。
茶色いシミは、単なる汚れではございません。
雨漏りによる、雨染みが発生している証拠となります。

茶色い雨染みが発生している状態は、
雨漏りの進度がかなり進んでいる証拠となります。
その為、見つけたら早急に点検を行い、
雨漏りの補修を行わなくてはいけません。
放っておくと雨漏り状態がどんどん進行し、
建物に重篤な被害を与えてしまう事がございますので、
絶対に放っておいてはいけません。

雨漏り補修の際に目を向けてほしい部分は、
雨漏りの補修だけではありません。
雨漏りの影響により補修が必要になってしまった、
内装の補修も行わなくてはいけません。
雨漏り補修の際は、雨漏りを止める事ばかりに気がいってしまい、
雨漏りが止まった事に満足し内装材の補修を行わないご家庭も多いようです。
雨漏り自体の補修も大事ですが、雨漏りによって
受けてしまった内装材の傷みも補修しなければ
建物の劣化は酷くなってしまう一方です。

既に壁や天井に茶色い雨染みが発生している状態は、
中の断熱材から補修が必要となります。
その理由は、外部から伝って来た雨漏りは、
断熱材を通って内装の仕上げ材に浸透させているからです。
内装材に雨染みが出ている状態は、断熱材から
雨水が浸透している証拠となります。
雨水が浸透してしまった部分は全て取り替えて、
クリーンな状態に導かなくてはいけません。

断熱材や内装下地は、雨水が乾燥すればそのまま
使う事が出来ると思われる方もいるようですが、
それは間違いです。
断熱材は水を含むと断熱材としての効果が無くなってしまい、
後に乾いても断熱材の効果を全く発揮する事は出来なくなってしまいます。
1度断熱材に水が浸透してしまった場合は、
全ての断熱材を取り替えなければいけないという事を、
覚えておくようにしましょう。

壁や天井に雨染みが発生している場合は、
これらの内装の部位に目を向けるようにしなければいけません。

●天井の場合
・天井裏断熱材(グラスウール、ブローイングなど)
・天井防湿シート(ポリフィルム、ビニールフィルムなど)
・天井木下地(垂木下地)
・天井下地材(プラスターボードなど)
・天井仕上げ材(ビニールクロスなど)

●壁の場合
・壁内部断熱材(グラスウール、セルロースファイバーなど)
・壁内部防湿シート(ポリフィルム、ビニールフィルムなど)
・壁木下地(胴縁下地、下地板など)
・壁下地材(プラスターボードなど)
・壁仕上げ材(ビニールクロスなど)

これらの雨漏りによる影響を受けている材料は、
全て新しく取り替えるようにしなければいけません。
雨水を含んでしまっているので、カビなどの有害物質が
発生してしまう場合がございますので、大変危険です。
また、木材部分は腐食により劣化の恐れがございますので、
天井や壁崩落の恐れがありますので、大変危険です。
曖昧に補修をしてしまうと後に大きなリスクを背負ってしまいますので、
影響が合った部分は全て取り替えるようにしなければいけません。

雨漏りの補修といえば、かかってしまう費用に
大きさに頭を抱えてしまう方も少なくありません。
雨漏り補修をしたいけれど大きな費用は負担する事は出来ないと、
補修を後回しにしてしまうお宅も少なく無いようです。
そこで目を向けて欲しいポイントに、雨漏りの補修費用は
保険で費用をまかなえる事があるという事がございます。
雨漏りが風災による被害の場合は、風災被害として
火災保険の適用が可能な場合がございます。

火災保険は、どのお宅でも加入されている事が多い保険ですので、
どのご家庭でも該当する可能性がある保険の適用と言えます。
火災保険というネーミングですが、火災保険の中には火災以外の
被害を被った場合に適用する項目があり、その中に風災被害がございます。
雨漏りの場合、この風災被害の項目に該当する場合がございます。
風が付いた災害による雨漏りであれば該当する事がありますので、
1度ご加入の火災保険にご相談をしてみると良いでしょう。

もちろん該当しない場合もございますが、該当していれば
補修費用を保険で賄う事が出来ますので、
大きな費用を負担する事無くとても助かります。
雨漏りの補修は、火災保険でまかなっている方も多くいらっしゃいますので、
とりあえず問い合わせてみるのも1つの方法といえます。

雨漏り補修は、想像以上に大きな費用が多くかかってしまう事もございます。
保険が適用すれば、大きな費用を負担する事無く補修したい部分を全て補修して、
綺麗で快適な状態へと戻す事が出来ます。
保険で雨漏り補修の費用をまかなう事が出来るのであれば、
どなたでも早急に対応できる補修とする事が出来ます。

雨漏りは絶対に放置してはいけない不具合ですので、
見つけたら早めに対応して快適な建物をキープ出来るようにしましょう。

快適なキッチンへと導くリフォームポイント その2


快適なキッチンへのリフォームポイントは、
まだまだございます。
もう少し目を向けてみましょう。

●清潔感がある壁や天井材の採用
台所は、油汚れ等どうしても清潔感を
保ちにくい空間となってしまいます。
キッチンのリフォームの際は、
内装もリフォームして一新しましょう。
壁や天井は、汚れ防止のビニールクロスがオススメです。
汚れ防止のビニールクロスは、一般的なビニールクロスと
比べると汚れが染みにくいので、
サッと拭くだけで綺麗な状態を保つ事が出来ます。

●拭きやすい床材の採用
台所の床は油汚れや水汚れなど、汚れや水による
影響が発生してしまうので、それに適した床材を
採用しなければいけません。
1番適しているのが、クッションフロアです。
フローリングは特性上適しておりませんが、
どうしても採用したい場合は水廻り用の
フローリングを採用するようにしましょう。
一般的なフローリングとは違い、
表面を特殊コーティングしておりますので、
油汚れや水の影響を与えずに済みます。

●キッチンの位置は極力動かさない
リフォームの際にキッチンの位置を動かす場合がございますが、
キッチンの位置を動かすという事は配管が長くなってしまうのが難点となります。
配管は元の配管の位置から延長する形となるので、
キッチンの位置を動かせば動かす程配管の長さが長くなってしまいます。
配管は長くなってしまうと故障の原因となってしまいますので、
出来るだけ避けなくてはいけません。

●様々な形のレンジフードがある
レンジフードの形や仕様というのは盲点になりがちですが、
様々な種類や機能があります。
良く見かけるレンジフードは一般的な形であり、
現代的な物も色々ございますのでカタログでチェックしてみましょう。

●お掃除しやすいコンロ
コンロは、昔のようにゴトクの凹凸により掃除がしにくい
コンロばかりではなく、お掃除しやすい
フラット型のコンロが多く増えました。
ガスコンロでもトップがガラストップの物があり、
サッと拭く事で綺麗を保つ事が出来ます。
また、IHコンロの場合はフラットな物が多いので、
お手入れが非常に楽です。

●目に見えない補修が発生してしまう事がある
キッチンのリフォームの際は、既存の流し台を撤去すると
隠れていた床や壁が腐食している事があります。
その場合、腐食している部分の補修工事が必要となり、
その分費用が追加としてかかってしまいます。

●使いやすいキッチンの通路幅
キッチンの通路幅は、使う方の人数によって違います。
1人で使うキッチンの場合、通路幅は90~110cmが目安となります。
2人で使うキッチンの場合、通路幅は120cm以上が目安となります。

●水道管の取り換えをお願いする
キッチンのリフォームが必要な流し台の場合、
古い水道管を使っている事がございますので、
水道管の取り換えが必要となります。
水道管は種類によりますが、20~35年の間で寿命を迎えてしまいます。
流し台取り換えの際に一緒に取り替えてもらう事で、
水道管の腐食にならずに済みます。

●対面キッチンのチェックポイント
近年、対面キッチンを採用されるお宅が多いですが、
様々な失敗談も少なくありません。
快適で使いやすい対面キッチンへと導く為の、
ポイントをご紹介します。

・リビングとのバランスを考えて設置を考える
対面キッチンは現代的でとても良いですが、
リビングの広さにより快適ではなくなってしまう事がございます。
1番は、キッチンでの作業音がリビングに伝わってしまう事です。
炒めている音や揚げ物の音、シンクでの洗い物の音等、
意外とリビングに響くものです。
対面キッチンにしたい場合は、リビングの広さが広い場合のみ
採用するようにしましょう。
最低でも12帖以上とし、TVの位置は対面キッチンから
離れた位置になるようにすると、キッチンでの
作業音が気にならなくなります。

・吊戸棚は設けない
対面キッチンの場合は、圧迫感を出さない為に
吊戸棚は取り付けないようにしましょう。
吊戸棚を取り付けるだけで閉所感が出てしまい、
窮屈な対面キッチンに見せてしまいます。

・対面キッチン横の通路幅の確認
対面キッチンの場合、キッチンの横にリビングへの
通路が出来る事が大半であり、その通路幅の大きさによって、
キッチンの奥に入れていた冷蔵庫を出す事が出来なくなったという
難題が発生してしまう事がございます。
キッチン幅を差し引きして出た通路幅の数字が冷蔵庫の幅より
広いので大丈夫だと思い、実際に冷蔵庫を出そうとした際に
ほんの少し当たって出す事が出来なくなったという失敗です。
キッチンにカウンターを付けた事により、カウンターの
チリにより冷蔵庫に当たってしまい冷蔵庫を出す事が
出来なくなったという現状です。
キッチンにカウンターを取り付けてしまった場合に
発生してしまう失敗談ですので、
きちんと細かく確認するようにしましょう。

●人気のシステムキッチン
キッチンメーカーは様々なメーカーがあり、種類も豊富です。
リフォーム産業新聞社がアンケートを取った
システムキッチンの1番人気がクリナップの
ラクエラで低価格帯のシステムキッチンとなります。
2番目がクリンレディで中価格帯、3番目がSSで高価格帯と、
ベスト3全てがクリナップのシステムキッチンです。
どのシステムキッチンが良いのか迷った場合は、
クリナップのカタログを参考にすると良いでしょう。

●キッチンのリフォームは水まわりリフォームに慣れた業者に依頼しよう
キッチンのリフォームは、生活している中でもリフォームとなりますので、
慣れている業者に依頼しないと不便を生じてしまう事がございます。
その為、水廻りを得意とした業者にキッチンのリフォームをお願いするようにしましょう。
訪問業者は粗い仕事しかしない業者も多いので、
地元の水廻りに慣れた業者に依頼する事が1番のオススメです。

この様に、一口にキッチンのリフォームと言っても、
様々な部分に目を向けなくてはいけない事がわかります。
キッチンリフォームには様々なポイントがございますので、
様々な角度に目を向けて納得できるキッチンリフォームへと導きましょう。