浴室のリフォームポイント その1

浴室は、体の疲れをいやしてくれる至福の空間です。
お風呂場のリフォームの際は、
これらを求めたお風呂場になる事が理想となります。

・快適さ
・使いやすさ
・清潔さ

せっかく大きな費用を使ってリフォームを行うのであれば、
これらの理想に似合った浴室リフォームへと導きましょう。

浴室のリフォームのパターンは、
大きく分けて次の2つの種類がございます。

●在来工法
浴室の在来工法とは、昔ながらの
お風呂の形と言えばわかりやすいかもしれません。
モルタルで作った浴室スペースに浴槽やタイルを設置し、
浴室の形を作り上げます。
在来工法には、これらの特徴がございます。

・浴室空間を自由に作る事が出来る
モルタルやタイルなどで自由に作る事が出来るので、
浴室のスペースに限りが無く作る事が可能な浴室の作り方となります。

・好みの材料で浴室を作る事が可能
湯船や壁をヒノキにしたり大理石にしたりなど、
好みの材料で浴室を作る事が出来ます。

・気密性に劣る
1から空間を作りあげる工法ですので、
どうしても気密性が劣ってしまいます。
その為、浴室周りの構造材に水分が付着してしまい、
腐食してしまう事もございます。

・断熱性に劣る
熱伝導率が高い材料を使う事が多く、浴室周りも断熱材を
多く覆う事が出来ないので、断熱性に劣った空間となってしまいます。

・工期が長い
モルタルやタイルなどの湿式工法となるので、
どうしても工期がかかってしまいます。
大きさによって、2~3週間ほどかかってしまいます。

・費用が高上りになってしまう事がある
タイルや石、ヒノキ、大理石など、様々な材料を用いての
施工となりますので、オリジナリティーを追求すればするほど
費用が高くなってしまいます。

●ユニットバス
ユニットバスは、ユニット型に規格化され箱型になった
カプセル状の浴室空間が作られたものです。
ユニットバスには、これらの特徴があります。

・工期が短い
多くは工場で全て組み立て作られた物を現場に搬入設置し、
給排水や電気を接続させる事で完成させる事が出来ます。
その為工期が短く、1週間ほどで完成させる事が出来ます。
リフォームの際には、とても重宝する浴室工法となります。

・気密性が高く防水性が高い
工場で組み立て作られた浴室の為、
大変気密性が高いのが大きな特徴です。
その為、水漏れの心配が無く、
浴室周りの構造体の腐食への影響を無くす事が出来ます。

・断熱性に富んでいる
ユニットバスは気密性がいいのと、ユニットバスの周りを
断熱材で覆っているので、大変断熱性に富んでおります。
近年のユニットバスは昔のユニットバスと比べると更に
断熱性にこだわっており、冷めにくい浴槽にこだわった
ユニットバスもございます。
そして、冬場の寒い時期に入っても寒くない物も多くございます。

・組み立て式のユニットバスもある
また、ユニット型に組み立てられたユニットバスを搬入出来ない
現場の場合、ユニットバスを面毎に分けて搬入し組み立てる組み立て型もございます。
狭く搬入しにくい環境の場合に採用されるユニットバスであり、
現場で組み立てるので組み立ててあるユニットバスと比べると気密性が劣ってしまいます。

・費用はピンキリでお安い物もある
内装に使っている素材により、費用はピンキリとなります。
在来工法よりも安価なユニットバスもございますので、
お安く浴室を作る事も出来ます。
中には内装に使っている素材が素晴らしく、
設備関係も最高峰で素晴らしいユニットバスもあり、
ユニットバスとは思えないほどの高級浴室空間を作る事も可能となります。

・清潔に使う事が出来る
ユニットバスは内装に継手があまりなく汚れも付きにくい
素材ですので、清潔感をキープしやすい浴室となります。

このように、2つの種類の浴室には一長一短がございます。
ご家庭が求めている浴室を考え、適した浴室を選択し作りましょう。