浴室のリフォームポイント その2


浴室のリフォームの際には、これらの部分に目を向けるようにしましょう。

●浴室の出入り口の段差
浴室の水が出入り口を超えてオーバーフローさせないように、
出入り口の敷居にある程度の高さの
段差を付けるのが定番になっております。
しかし、バリアフリーの観点から
敷居に段差を付けない浴室も増えております。
敷居の段差が気になる場合は、
その旨事前に業者に問い合わせ、
適した出入り口になるようにしなければいけません。
引き戸などでバリアフリーになっているユニットバスも
ありますので、それらを選択すると良いでしょう。

●手すりの設置
浴室はお湯を扱う空間ですので、
どうしても滑りやすくなってしまいます。
年齢を増した方がご家族居る場合は、
手すりの設置も考えなくてはいけません。
ユニットバスの場合、手すりはユニットバス設置前に取り付けないと
いけない物もございますので、リフォーム計画段階から
手すりの設置の旨を業者に伝えるようにしましょう。
浴室に設置する手すりは、これらの
2か所に設置する事が定番となっております。

・浴槽の出入りの為の手すり
浴槽の出入りの為に、浴槽の隣の壁面に設置する手すりです。
L型の手すりが定番であり、高さと位置は実際に使われる方に
手を添えてもらい、決定するようにしましょう。

・浴室の出入り口横の手すり
浴室の出入りを行う際に、手を添える部分があると
とても楽に出入りが出来ます。
形はI型の手すりとし、高さ1m程度の場所が芯になるように
手すりを設置すると良いでしょう。

●滑りにくい浴槽や床材
浴室は滑りやすい空間ですので、
滑りにくい床材や浴槽は重要となります。
近年は、ユニットバスの床材や浴槽に滑りにくさを
追求した物も多くございますので、
目を向けるようにしましょう。

●浴槽の種類をチェックしよう
浴槽の形式には2種類あり、和式と洋式がございます。
それぞれの特徴は、このような感じとなります。

・和式
和式は浴槽が深く狭い浴槽であり、腰を下ろした際に肩まで
すっぽり浸かる事が出来ます。設置スペースが
限られている場合に、採用する浴槽です。

・洋式
洋式は浴槽が浅く広い浴槽であり、
あおむけの姿勢で入る事が出来る浴槽です。
大きな浴槽となってしまうので、
設置スペースが広く必要となります。

●浴槽の素材をチェックしよう
浴槽の素材は、一般的にはFRPを採用する事が多くあります。
FRPとは繊維強化プラスチックであり、
熱伝導率が低いので湯温が冷めにくい浴槽となります。
その他、ステンレスやヒノキ、人造大理石、
タイル、石等を採用する事があります。

●浴室の内装のチェックしよう
ユニットバスは樹脂系がほとんどであり、
耐水性や保温性に富んでいるのが大きなメリットです。
その他、タイルや木製、石等がございます。

●ドアをチェックしよう
浴室のドアは従来は片開き戸でしたが、
近年は横へスライドさせる引き戸も多くなりました。
浴室の肩開き戸の場合雨仕舞の面で浴室側に開き事が大半ですが、
使いやすさや安全面を考慮すると引き戸を採用されるお宅が多くなりました。
バリアフリーの面でも、片開き戸より引き戸の方が断然使いやすくなります。
引き戸の方が費用がお高くなってしまいますが、
使いやすさの点を考慮して開き戸を採用する事をオススメします。

●給湯器の取り換え
浴室のリフォームの際は、
給湯器の取り換えも一緒に行う事をオススメします。
以下の、2つの給湯器の種類があります。

・給湯のみ
蛇口をひねるとお湯が出てくるものであり、
浴槽の中のお湯を沸かす事は出来ません。
浴槽の中のお湯を沸かす機能が付いていない分、
給湯器の価格は安価となります。

・追い炊き付き
浴槽の中のお湯を沸かす事が出来、
蛇口からお湯も出す事が出来る給湯器です。
浴槽の中のお湯を沸かす機能が付いている分、
給湯器の価格は高価となってしまいます。

また、給湯器には床置き式と壁掛け式の2つがあり、
壁掛け式の方がコンパクトで場所を要しませんのでオススメです。
しかし、コンパクトな分お高くなってしまいます。

このように、浴室のリフォームといっても様々な角度に
目を向けなくてはいけません。
浴室は水を扱う場所ですので、快適で使いやすい
理想の浴室となるようリフォームを行うようにしましょう。