こんな内装状態は雨漏りしている!早めの対応をしよう!

雨漏りは、室内にチタチタ水が
垂れてからが雨漏りではありません。

目に見える内装にばかり目が行きがちですが、
たまには外側にも目を向けましょう。
しかし、素人では雨漏りの原因と場所を突き止めるのは
難しいですので、専門の業者に点検してもらうのがよいでしょう。
業者さんにも色々な種類があり、工務店や大工さんよりも
防水の専門業者を探すのがポイントです。
私はが探すときには、「防水工事 名古屋」の様に
住んでいる地域を一緒に検索ます。
そうすることにより、近隣の業者が探せます。
業者を選ぶ際は、価格だけではなく、トータルに見て
金額と工事内容のバランスが良い業者を選びましょう。

内装の様々な部分の変化により、
雨漏りを発見する事が出来ます。

以下の状態が見受けられたら、
かなり雨漏りが進行していると言えますので、危険です。

・室内がカビ臭い
室内全体がカビ臭い場合は、
明らかに雨漏りが発生している証拠となります。
室内のどの部分がカビ臭い感じが強いのかを
たどっていくと、どこから雨漏りが発生しているのか
解る場合があります。

・天井にシミ
天井にシミが付いている場合は、
屋根か外壁より雨漏りが起きている証拠です。

・天井の壁紙が剥がれている
雨水が侵入していると、壁紙の粘着性が
低くなってしまい壁紙が剥がれる事があります。
天井の壁紙が剥がれている場合は、
雨漏りの恐れがあります。

・壁にシミや濡れ
天井との取り合い部分やサッシ周りの内壁が
濡れていたりシミが付いている場合は、
屋根か外壁より雨漏りが起きている証拠です。
酷い場合は、壁に触れるとジワっと水が
出てくる事があります。
雨の日に気にしてチェックしてみると、
どのような方向から雨漏りが来ているのか解る場合があります。

・床のシミや濡れ
床が濡れているのは、生活上で濡れてしまっている事もあります。
しかし、外壁からの雨漏りが壁を使って床まで降りて、
床と巾木の取り合いに雨漏りを発生させてしまう事があります。

このように、内装材の不具合を確認したり臭いにより、
雨漏りの発生を掴む事が出来ます。
不具合が見受けられたら見ないふりをせず、
一刻も早く業者に相談をしてみましょう。

雨漏りを起こしているのに、
放っておく事は絶対に良くありません。

内装材に雨漏りが出ているという事は、
雨漏りを起こしている部分から伝って部屋の中に
雨漏りの跡を出しています。

天井材にシミ等が出ている場合は、
天井裏はカビだらけになっています。

内壁に不具合が起きている場合は、
内壁の中はカビだらけです。
天井や内壁の中には断熱材が充填されており、
水分が含んでしまった断熱材は効力がゼロになってしまい、
断熱が効いていない建物になってしまいます。

また、家の中がカビだらけになってしまい、
カビの成分を常に吸う生活にもなってしまいます。
健康被害にも強く栄養してしまい、
アレルギーや病気にもつなげてしまいます。

酷くなると建物の構造材にも影響をしてしまい、
建物の耐久性が落ちてしまい家が腐ってしまいます。
木造住宅の場合は、深刻な問題へと発展してしまいますので、危険です。

雨漏りを放っておくと、重大な状態へと発展してしまいます。
最悪の場合は、建物自体を建て替えなくてはならなくなってしまいます。
そんな厄介な状態になってしまう前に、
雨漏り状態を修繕するようにしましょう。
早めの対処で安価で済みますので、
おかしいなと思ったら適切な補修を行うようにしましょう。

赤ちゃんが居るお宅の床材はクッションフロアが適している

赤ちゃんが居るお宅は、赤ちゃんに対して
とても気を使って過ごされている方が多いと思います。
赤ちゃんが快適に過ごす上で気を使うのは、
床の状態ではないでしょうか。

赤ちゃんは、床に近い位置にいる事が多いので、
近くにある床の状態はとても重要です。
どのような床材が赤ちゃんに適しているのか、
それはクッションフロアです。

適している1番の理由は、素材が軟らかい事です。

赤ちゃんは、這いつくばったりフラフラ歩くので、
転倒したり等起きてしまう事がよくあります。

フローリングですと堅いので、転倒した場合
大きな衝撃が赤ちゃんにかかってしまいます。

クッションフロアは文字通りクッション性があり、
中に緩化材が入っているので衝撃を吸収してくれます。

フローリングの半分程度の衝撃に抑える事が出来るので、
ママも安心です。
更に、赤ちゃんは素足で歩行する事が大半なので、
足触りの良いクッションフロアはとても適していると言えます。

もう1つのオススメ理由は、クッションフロアは
汚れに強いという事です。

赤ちゃんは口から物を落としたり汚したり等、
かなりの頻度で床に汚れを付着させてしまいます。

あまりにも水分がかかる頻度が多くなると、フ
ローリングが劣化してしまい、
ダメになってしまう事があります。

クッションフロアは表面が塩ビ素材ですので、
ただ拭き取るだけで綺麗になります。

水に強いという事で、綺麗に拭いて衛生さを
保つ事が出来るのも大きな利点です。

赤ちゃんには清潔で綺麗な場所で居てほしいので、
常に綺麗にしたいものです。

フローリングではバイキンや汚れが沁みやすいので、
衛生さを保つ事は難しいと言えます。

クッションフロアといえば、フローリングのような
豪華さを感じる事が出来ないから、
と嫌がる方も多くいらっしゃいます。

今のクッションフロアは模様がとても豊富で、
フローリングと遜色ない床に仕上げる事が出来ます。

更に、クッションフロアの上にカーペットを敷く事で、
より床のクッション性を高める事が出来ますので、
小さい赤ちゃんが居るお宅にはとてもオススメです。

クッションフロアはリフォームもしやすい材料ですので、
いざフローリング等に変えたい場合でも
簡単に工事を行う事が出来ます。

床に柔軟性や使いやすさを追求するには欠かせない床材ですので、
是非選択の検討に入れてみましょう。