フローリングに傷が出来た場合の対処法 その2

自分で出来る対処法は前回書きました。
今回は業者に頼む場合です。
フローリングの傷が全体に酷い場合は、
業者に頼んで補修をしてもらうことをお勧めます。

・塗装屋さんに傷補修を行ってもらう
傷部分を塗装にてタッチアップし、
床全体を綺麗に塗装して仕上げます。
その部屋の床全体が綺麗になるので、
フローリングを張り替えていないのに、
まるで新しい床にしたかのような綺麗さに早変わりします。

・傷みが酷い部分を張り替える
傷みが酷い床部分を、一部張り替える方法です。
フローリングは、さねという重ね継手により張り進めるので、
一部分のみを張り替える事は困難です。
その為、張り替えたい部分以降に張り進めたフローリングに全てを取り外し、
張り替えたい部分を新規のフローリングに張り替えて、
他のフローリングを復旧させる方法となります。
手間が意外とかかるので、想像以上に費用がかかります。

・床を張り替える
傷の範囲や状態が酷い場合は、
フローリングごと新しい物に張り替えます。
部屋の床全体が新しくなるので、オススメです。

また、近年出てきた素晴らしい床のメンテナンス材で
オススメなのが、フロアコートです。

フロアコートはワックスに似ているとも言われますが、
1番違うのは耐久性です。
半年ほどで効力が無くなるワックス材とは違い、
フロアコート剤は最低でも10年は持つと言われています。
ワックスよりも効果が高く、傷や摩耗に強いのが大きなメリットです。

また、水や熱にも強く、汚れが付き難いので、
お手入れが非常に楽になります。
1番素晴らしいのが、紫外線カット効果がある事です。
フローリングが紫外線に焼けるのを防ぐ事が出来るので、
床材の寿命を高める事が出来ます。

フロアコーティングは専門業者に行ってもらわなければならなく、
DIYでは無理です。
施工費の目安は1帖当たり5,000円程度であり、
一般的なお宅であれば1日で終わらせる事が出来ます。
その他、既存の床汚れ清掃費等を別途に請求される場合があります。

安価ではないので、値引き等のキャンペーンを行っている時に
施工をお願いすると良いでしょう。

フロアコーティングは、古い床をよみがえらせ
綺麗にする事が可能ですので、リフォームの時に
施工される事をオススメします。

材料によっては、今後のメンテナンスフリーに
繋げる事も可能ですので、非常に便利です。

フローリングは、10年程でどんどん劣化してしまいます。
1つの区切りとして、メンテナンスを行って
床を綺麗にしてみましょう。

メンテナンスを怠っていると床がどんどん劣化するので、
建物が傷んでいき良くありません。
フローリングの劣化が建物の劣化に大きく繋がるので、
こまめなメンテナンスを行いましょう。

フローリングに傷が出来た場合の対処法

フローリングは使い続けていると、
どうしても傷を付けてしまいます。

傷防止のフローリングにさえも、
細かい傷は出来てしまいますので、
経年劣化による傷は避けられません。

このような傷は、お客様のメンテナンスで
目立たなくする事が出来ます。

以下の様な方法がありますので、
是非参考になさってください。

・フロアクレヨン
フローリングの傷を補修する、専用のクレヨンがあります。
傷が出来た部分に、上から着色するだけです。
塗った方に言わせると目に付くと言いますが、
他の方の目線には入りにくいので、
目立たなくさせる事が出来ます。
10色程度のカラーバリエーションがセットになって、
1,000円程でホームセンター等においてあります。

・ワックス
ワックスを掛ける事で、細かい傷が目立たなくなります。
家庭用の、どなたでも使えるワックスでOKです。
最低でも、半年に1回はかけるようにしましょう。

・フロアクレヨンとワックスの併用
フロアクレヨンは単体では床に馴染みにくいので、
フロアクレヨンで修正した後にワックスを掛けると綺麗に馴染みます。

・カラーワックス
フローリングの傷が酷い場合は、
色が入っているカラーワックスがオススメです。
従来のワックスにブラウン系の色素が入っているワックスであり、
傷に色が浸透するので傷が綺麗に目立たなくなります。
ネット等で扱っておりますので、フローリングの色に
合わせて選ぶと良いでしょう。
自信がない方は、業者に頼んでカラーワックスを
掛けてもらう事をオススメします。

お客様でも、このような4つの方法でフローリングの
細かい傷を目立たなくさせる事が可能です。

また、フローリングの傷が全体に酷い場合は、
業者に頼んで補修をしてもらいましょう。

こんな内装状態は雨漏りしている!早めの対応をしよう!

雨漏りは、室内にチタチタ水が
垂れてからが雨漏りではありません。

目に見える内装にばかり目が行きがちですが、
たまには外側にも目を向けましょう。
しかし、素人では雨漏りの原因と場所を突き止めるのは
難しいですので、専門の業者に点検してもらうのがよいでしょう。
業者さんにも色々な種類があり、工務店や大工さんよりも
防水の専門業者を探すのがポイントです。
私はが探すときには、「防水工事 名古屋」の様に
住んでいる地域を一緒に検索ます。
そうすることにより、近隣の業者が探せます。
業者を選ぶ際は、価格だけではなく、トータルに見て
金額と工事内容のバランスが良い業者を選びましょう。

内装の様々な部分の変化により、
雨漏りを発見する事が出来ます。

以下の状態が見受けられたら、
かなり雨漏りが進行していると言えますので、危険です。

・室内がカビ臭い
室内全体がカビ臭い場合は、
明らかに雨漏りが発生している証拠となります。
室内のどの部分がカビ臭い感じが強いのかを
たどっていくと、どこから雨漏りが発生しているのか
解る場合があります。

・天井にシミ
天井にシミが付いている場合は、
屋根か外壁より雨漏りが起きている証拠です。

・天井の壁紙が剥がれている
雨水が侵入していると、壁紙の粘着性が
低くなってしまい壁紙が剥がれる事があります。
天井の壁紙が剥がれている場合は、
雨漏りの恐れがあります。

・壁にシミや濡れ
天井との取り合い部分やサッシ周りの内壁が
濡れていたりシミが付いている場合は、
屋根か外壁より雨漏りが起きている証拠です。
酷い場合は、壁に触れるとジワっと水が
出てくる事があります。
雨の日に気にしてチェックしてみると、
どのような方向から雨漏りが来ているのか解る場合があります。

・床のシミや濡れ
床が濡れているのは、生活上で濡れてしまっている事もあります。
しかし、外壁からの雨漏りが壁を使って床まで降りて、
床と巾木の取り合いに雨漏りを発生させてしまう事があります。

このように、内装材の不具合を確認したり臭いにより、
雨漏りの発生を掴む事が出来ます。
不具合が見受けられたら見ないふりをせず、
一刻も早く業者に相談をしてみましょう。

雨漏りを起こしているのに、
放っておく事は絶対に良くありません。

内装材に雨漏りが出ているという事は、
雨漏りを起こしている部分から伝って部屋の中に
雨漏りの跡を出しています。

天井材にシミ等が出ている場合は、
天井裏はカビだらけになっています。

内壁に不具合が起きている場合は、
内壁の中はカビだらけです。
天井や内壁の中には断熱材が充填されており、
水分が含んでしまった断熱材は効力がゼロになってしまい、
断熱が効いていない建物になってしまいます。

また、家の中がカビだらけになってしまい、
カビの成分を常に吸う生活にもなってしまいます。
健康被害にも強く栄養してしまい、
アレルギーや病気にもつなげてしまいます。

酷くなると建物の構造材にも影響をしてしまい、
建物の耐久性が落ちてしまい家が腐ってしまいます。
木造住宅の場合は、深刻な問題へと発展してしまいますので、危険です。

雨漏りを放っておくと、重大な状態へと発展してしまいます。
最悪の場合は、建物自体を建て替えなくてはならなくなってしまいます。
そんな厄介な状態になってしまう前に、
雨漏り状態を修繕するようにしましょう。
早めの対処で安価で済みますので、
おかしいなと思ったら適切な補修を行うようにしましょう。

赤ちゃんが居るお宅の床材はクッションフロアが適している

赤ちゃんが居るお宅は、赤ちゃんに対して
とても気を使って過ごされている方が多いと思います。
赤ちゃんが快適に過ごす上で気を使うのは、
床の状態ではないでしょうか。

赤ちゃんは、床に近い位置にいる事が多いので、
近くにある床の状態はとても重要です。
どのような床材が赤ちゃんに適しているのか、
それはクッションフロアです。

適している1番の理由は、素材が軟らかい事です。

赤ちゃんは、這いつくばったりフラフラ歩くので、
転倒したり等起きてしまう事がよくあります。

フローリングですと堅いので、転倒した場合
大きな衝撃が赤ちゃんにかかってしまいます。

クッションフロアは文字通りクッション性があり、
中に緩化材が入っているので衝撃を吸収してくれます。

フローリングの半分程度の衝撃に抑える事が出来るので、
ママも安心です。
更に、赤ちゃんは素足で歩行する事が大半なので、
足触りの良いクッションフロアはとても適していると言えます。

もう1つのオススメ理由は、クッションフロアは
汚れに強いという事です。

赤ちゃんは口から物を落としたり汚したり等、
かなりの頻度で床に汚れを付着させてしまいます。

あまりにも水分がかかる頻度が多くなると、フ
ローリングが劣化してしまい、
ダメになってしまう事があります。

クッションフロアは表面が塩ビ素材ですので、
ただ拭き取るだけで綺麗になります。

水に強いという事で、綺麗に拭いて衛生さを
保つ事が出来るのも大きな利点です。

赤ちゃんには清潔で綺麗な場所で居てほしいので、
常に綺麗にしたいものです。

フローリングではバイキンや汚れが沁みやすいので、
衛生さを保つ事は難しいと言えます。

クッションフロアといえば、フローリングのような
豪華さを感じる事が出来ないから、
と嫌がる方も多くいらっしゃいます。

今のクッションフロアは模様がとても豊富で、
フローリングと遜色ない床に仕上げる事が出来ます。

更に、クッションフロアの上にカーペットを敷く事で、
より床のクッション性を高める事が出来ますので、
小さい赤ちゃんが居るお宅にはとてもオススメです。

クッションフロアはリフォームもしやすい材料ですので、
いざフローリング等に変えたい場合でも
簡単に工事を行う事が出来ます。

床に柔軟性や使いやすさを追求するには欠かせない床材ですので、
是非選択の検討に入れてみましょう。